サントリーからのご提案

ライフラインとしての自動販売機をお考えですか?
有事に備えた必要な準備はされていますか?サントリーは、自動販売機を通じて企業様の飲料の備蓄にご協力させていただきます。

〈緊急時飲料提供ベンダー〉
災害などの緊急時に、飲料を誰でも簡単に無料で取り出すことができる自動販売機です。(通常は普通の自動販売機として飲料の販売を行います。) 詳細はこちら

2011年3月11日の「東日本大震災」の際、お客様からは以下のような声を頂戴しており、 ライフライン断絶時の支援機能としての役割がクローズアップされています。
「震災直後の病院が孤立しましたが、自動販売機内の飲料で凌ぐことが出来ました。」
「避難所で、飲み水に事欠くなか、自動販売機内の飲料を無償提供していただき、大変助かりました。」
多角的な提案で、お客様をサポート致します。

お客様からお問合わせが多い、電気料金節電に関する
お問い合わせにお答えや、自販機のご相談のサポートを致します。

電気使用量削減のご提案   自動販売機集約のご提案

自動販売機電気代比較

電気使用量削減の観点より、省エネタイプの自動販売機をご提案。

省エネタイプではない機材
(●●年機)
【1ヶ月平均電気代】
※ 約●,●●●円
(年間●●,●●●円)
省エネタイプ
自販機
(10年機)
【1ヶ月平均電気代】
※約1,700 円
(年間20,500円)

※JIS基準 1kWh=22円にて算出
(金額は平均値となるため、設置場所状況等により変動があります。)

 

自動販売機多くありませんか?

飲料の需要に対して、自動販売機の設置が多いかを確認し、電気使用量削減の観点より集約のご提案をさせて頂きます。

 

電気使用料金の削減が見込めます!

緊急時飲料提供ベンダー(災害救援ベンダー)に関する
ご不明点やお問い合わせやご相談もお気軽にどうぞ。

災害対策のご提案   企業防災のご提案

緊急時飲料提供ベンダーの設置推進

災害時に飲料を無償提供できる自動販売機 「緊急時飲料提供ベンダー」 を開発し、現在設置を進めています。通常は自販機として飲料を販売し、災害などの緊急時には誰でも簡単に飲料を取り出すことができます。

行政施設や病院などを中心に約4,200台(2010年末現在)を設置しており、今後も引き続き普及のために取り組んでいきます。

この度の東日本大震災におきまして、東北エリアでは庁舎、体育館、病院等、避難場所となる設置先で、また首都圏エリアでは設置されている企業様等で帰宅困難者に対し、飲料を無償提供させて頂きました。

防災の備えについてのご提案

自動販売機を使用した飲料の備蓄

サントリーは、自動販売機の設置を通じて、貴社における防災対策(飲料備蓄)の取り組みへご協力させていただきます。 (平時は通常の自動販売機として飲料を販売)

水の備蓄を協賛(サントリー天然水)

備蓄用の水として「サントリー天然水」をご提供いたします。

有事に備え、必要な準備をサポートいたします!